【1890万件】山口安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

山口で小学校の転校手続きについて

2.png引っ越しが決定した際、子どものいる家庭だと転校の手続きが必要となります。

転校手続きは、あちこちに行かなければならないうえ、書類が煩雑だったりと分からないことも多々あるでしょう。
急ぎの引越しの場合は、新しい新居の住所が決まっていないケースもあるかと思いますが、ポイントをおさておけばそこまで苦労せずに転校手続きをとることが出来るでしょう。

このページでは、過去に子どもを転校させた経験を持つわたしが、時系列順に手続きにまつわる注意点をまとめていきます。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.わけありで、引っ越し先の住まいがまだ決められません。学校の転校手続きは進めることが可能でしょうか。

A.転校とは仕方なくする場合もあり、特別OKが出るパターンもあります。たとえば、同居人の暴力やストーカーの被害で転居したいが、次の新居を決められない場合です。特例に当てはまっていますから、すぐに相談しましょう。
他にも、特認校と呼ばれている小規模校があります。学区外の住まいからでも通学OKの運営体制になっています。

Q.転校の手続きをする際、市役所や学校、教育委員会に娘も同伴したほうがいいのですか?

A.前の学校には保護者が連絡を行い、必要書類の記入等済ませましょう。いつ転校することを他の児童に伝えるかなど、担任と相談が必要になり、子どもの前だと話づらいと思います。
逆に新しい学校では先生とお子さん、互いにどんな人か気になるでしょうから、同席するといいですね。ただ、何か先に伝えることがあれば先生に伺って、別の席を設けましょう。

山口の教育委員会
住所:山口県山口市中央五丁目14-22 山口市役所別館
電話:083-934-2859(代表)
 

Q.公立から私立小学校へ転校可能ですか?

A.可能ですが、基本は私立の方が勉強が先に進んでいる事が多いです。転校してからきちんと現状把握は必須と言えます。


急な事情があると仕方ありませんが、特に区外等への転校は、転校の手続きには何日かかかる事と思います。更に両親とも共働きの家庭だと、必要な手続きが休みにしかするのが難しく、返事を待つのに1週間なんていうこともあり、円滑に進まないこともありえます。

新居に引っ越す7日前に転出申請をし、転居後は14日のうちに転入届、同時に学校の手続きも行わなければいけません…!

必要な用品を買ったり、時間がどれだけあろうと足りない状態になりそうなので、急ぐ場合、極力学校の夏休みなどのタイミングでする方が楽だと思います。

夏や春、冬の長期休暇でゆとりを持って手続きを行いながら子どもの状態をよく見ておき、ケア、フォローをするのがいいですよ。
kobetete.png